庭コラム

#庭マグ

季節を楽しむ、自然とつながるひとときを。
庭と器と私の時間

桜咲く、春の優しい光を感じて
Vol.1

update

4月からの「庭と器」は、毎週ひとつずつマグカップをご紹介していく「#庭マグ」として、引き続きライフスタイルショップ『THE COVER NIPPON』のクリエイティブ ディレクター・松坂香里さんのナビゲートでお届けします。

マグカップ選びにもストーリーがある

私は自他ともに認めるカップ好き。季節や飲み物、一緒に飲む人やその時のお天気や気分に合わせ、様々なカップを使って楽しんでいます。もしあなたのご自宅にお庭があるなら、「もうひとつのリビング」というべき場所で過ごすことが心からくつろげる時間になるよう、お気に入りの飲み物とマグカップを持っているシーンを想像していただきたいと思いました。
これが新シリーズ『#庭マグ』が生まれたきっかけです。

春夏秋冬や時間帯、それぞれのシーンに合わせてお庭やテラスで使いたい素敵なマグカップを、毎週ひとつずつご紹介していきます。
#庭マグで、あなたのお気に入りを見つけてください。

桜咲く、春の優しい光を感じて

桜が咲く頃は、お昼間の日射しはあたたかいものの、空気はまだひんやりとしています。
春の象徴でもある桜。私たち日本人は、春の節目を桜とともにすごし、この桜の咲く一瞬を、心待ちにしている人も多いことでしょう。

初回にご紹介するのは、窓辺から、庭のテラスに覗く桜の枝を眺めながら、あたたかな陽気になるのを待ち遠しく眺めている…そんなひとときにお勧めのマグです。

光にかざすと、透き通るほど薄く軽い磁器づくりを得意とする、岐阜県土岐市の丸直製陶所。桜色の絵柄は、柄の印刷された和紙を刷毛で貼り付け、その模様を転写させる「銅板転写」というもの。その技術においても屈指の繊細さを持っています。

このマグでいただくのは、優しい香りの日本茶やハーブティーがおすすめ。
薄い磁器は、温度を低めで淹れる日本茶などに適しており、薄手ならではの優しい口当たりが魅力です。そして内側が白いうつわは、飲み物の色を目で楽しむことができ、五感でいただく感覚を与えてくれます。

春の柔らかな光にかざしながら、桜とともにお楽しみください。

薄口マグカップ フラワー ¥3,200(税抜)  丸直製陶所(まるなおせいとうしょ)

すっきりとした平らな底も軽さのひとつに。

優しい口当たりの薄手のうつわ。

大小のカップは小紋調の絵柄が豊富に。 ¥3,200~4,200(税抜)

写真 / 田口 昭充  文 / 松坂 香里

Profile

松坂 香里 | Kaori Matsuzaka
Creative Director

Made in Japanセレクトショップの先駆けである『THE COVER NIPPON』をディレクション。デザイナー・バイヤーの両視点を活かし、産地のブランディングや商品開発、店舗や展示会のコーディネート・PRなど幅広い領域で活動。日本のモノづくりを未来に繋げるために、つくり手とつかい手を繋いでいる。

アーカイブ

#庭マグ アーカイブ記事はこちら

エクシオールの
詳しい情報を見る

*LIXILのウェブサイトへ移動します