庭コラム

庭で楽しむグリーン

庭をおしゃれで快適な空間にするためには、グリーン(植物)の演出は欠かせません。
ここでは、お手入れが簡単でセンスアップできるグリーンのアイデアを紹介。

初めての庭木選び

update

初めて庭木を植えるなら、どんな木がいいの? 特徴やトレンド、おすすめの樹木を、グリーンの専門家・SOLSOの中嶋有さんに教えてもらいました。

Profile

株式会社DAISHIZEN 取締役
中嶋 有

21歳で南米アマゾンに行き、帰国後植物の世界へ。観葉植物や山野草、生花の販売を経て、2011年に株式会社DAISHIZEN『SOLSO』の立ち上げメンバーとして入社。入社後は個人邸やショップなど幅広いジャンルで、ライフスタイルに寄り添う植栽プランの提案を行う。

環境と好みに合った庭木を
選んでお気に入りの空間に

初めて庭木を植える時は、まず植えたい場所の環境に合わせた提案をします。テラスに地植えできない場合は鉢植えにするとか、エントランスの植栽スペースであれば、道路にはみ出さないようにするとか。季節を楽しむために花や実がつく樹木や落葉樹を植えたくても、建物が隣接している環境では散った花や落ち葉がご迷惑になる可能性もあります。また、日当たりもとても重要で、寒さが厳しい地域や常に日陰の場所は、針葉樹やインドア用の耐寒性のある観葉植物など、冬を越せるような樹木から選びます。次に大切なのは、ご希望とお悩みにマッチするかどうか。昆虫が苦手な人には昆虫が集まりやすい花や実がつく樹木はおすすめできませんし、落ち葉が風流と感じる人もいれば、落ち葉は掃除の手間がかかり、冬になると寂しく見えると感じる人もいます。地域によって育てられない品種もありますが、環境と好みにフィットする、長く愛でられる庭木と出会えたら、きっとお気に入りの庭になるはず。

家具や雑貨と同様に、見た目が気に入ったものから検討してしまいがち。それでもOKだが、まずは植えたい場所の写真を持参して環境やコーディネートを相談するのがベスト。

 

 

 

 

 

 

長く付き合っていく
シンボルツリーの選び方

シンボルツリーのメリット
  • 家の目印になる
  • 庭のコーディネートがまとめやすくなる
  • 小さな庭を広く見せられる

シンボルツリーとは、住宅を象徴するような背の高めの樹木のこと。「〇〇の木がある家」「自分の家はここ!」と家の目印になるので、新築の場合、シンボルツリーを中心に考える人も多いかと思います。また、家族のライフイベントに合わせて記念樹として植えることもありますよね。家族の成長を見守り、一緒に暮らしていくパートナーですから、メンテナンスを含めて慎重に選ぶ人もいらっしゃいますが、パッと見て気に入ったものから選ぶのも楽しいものです。ここ数年で人気なのは、ユーカリやミモザアカシアなどのオーストラリア品種。ブルーっぽい葉の色がモダンな建築に合うからかもしれません。

シンボルツリーに向いている庭木。日当たりの良い場所に地植えすると、どんどん大きくなるため、アフターケア(管理や剪定)の方法を相談しておこう。

中嶋さんおすすめのシンボルツリーBEST3

オリーブ:洋風のシンボリツリーとして根強い人気を持ち、常緑性で乾燥に強く、虫もつきにくい特性も。

アカシア(ミモザ):ブルーがかったリーフがおしゃれ。シンボルツリーにちょうど良いサイズで、春先に明るい黄色の花がつく。

【左】ティーツリー(スノーインサマー)【右】ユーカリ(ポポラス):葉の色や爽やかな香りを楽しめるティーツリー。ユーカリ(ポポラス)は、ブルーがかったハート型のかわいらしい葉が魅力。

視線の対策ができる
目隠し庭木の選び方

植木で目隠しをするメリット
  • 圧迫感がない
  • ピンポイントで隠せる
  • 高さを調節できる

目隠し用の庭木は、葉や枝の密度が濃くて、こまめに枝分かれしているタイプを選ぶのがポイントです。剪定を繰り返すたびにどんどん分岐していくので密度が濃くなりやすく、生垣にもできます。目隠しなので基本的には葉が落ちない常緑樹から選びますが、一品種だけでなくいろいろな種類を混ぜるのもおすすめ。しっかり隠したい部分と、外の景色を少し感じたい部分で植え分けたり、ミックスして葉の色合いを楽しんだりと、ご希望に合わせてレイアウトできます。地植えができない場所は、鉢植えでも目隠しできますよ。

目隠しという用途だけで選ぶのでなく、トータルのバランスを考えてコーディネートすると、何時間でも過ごしたくなる居心地が良い庭に仕上がる。

中嶋さんおすすめの目隠し庭木BEST3

アカシア(ブルーブッシュ):数多くあるアカシアのなかでも、シルバーブルーの葉色が美しい品種。枝の分岐が多いので密度の濃い目隠しに。

フェイジョア:光沢のある肉厚で丈夫な濃緑色の葉と、赤味を帯びた幹の色が特徴。育てやすく、南国調の個性的な花がつく。

アデク:艶のあるやわらかい葉が密生した、樹高が10mにもなる常緑樹。初夏に白い花が咲く。

四季を楽しみたいなら
花や実がつく庭木選び

四季が楽しめる木のメリット
  • 花や実を楽しめる
  • 庭に出る機会が増える
  • コミュニケーションが広がる

せっかく庭木を植えるなら、花や実を楽しみたいと思う人も多いばず。実を食べるための果樹も、形や色、香りを観賞する花木も、手を加えて育てる喜びがあるので、庭に出る機会が増えますよね。四季の彩りや、収穫して食べる楽しみは、ご近所との会話や交流を生みますし、一緒に世話をすることで家族とのコミュニケーションにも一役買います。ただ、花や実には昆虫がつきもの。苦手な人は、ローズマリーなどの防虫作用があるハーブを木の根元に植えれば、虫よけにもなります。

実を食べるための庭木は、世話が必要なことも楽しみの一つ。今後、立派な果樹に生まれ変わる日がくるのも待ち遠しい。

中嶋さんおすすめの花や実がつく庭木BEST3

マイヤーレモン:レモンとオレンジが自然にかけあわされて生まれた、酸味が少なくまろやかな味の果物。レモンの香りがする白い花も楽しめる。

ブルーベリー:釣鐘型の可憐な花を咲かせ、甘い実をつける庭木に人気の果樹。背が高くなりすぎず、育てやすいのもポイント。

ジャカランダ:世界三大花木の1つとして世界中の人々に愛され、春になると紫色の花が木を覆うほどたくさん咲く。

自然浴生活BOOK

“自然とつながる私らしい時間”という
コンセプトをもとに編集された
ライフスタイルマガジンです。

エクシオールは、自然とつながるライフスタイルを実現するガーデンエクステリアブランド。
自然とつながることで心を豊かにし最良の時を過ごす。
本誌では日々の生活を充実させるヒントなどをご紹介しています。

ご希望の方は以下のボタンよりお申し込みください。無料でお届けいたします。

ライフスタイルマガジンを
請求する(無料)

*外部サイトへ移動します