庭コラム

お庭で“ゆるスポーツ”

お庭でスポーツができる!ゆるーいスポーツ競技をご紹介。

Vol.1 100cm走

update

家族や友だちと庭にゆるーく集まって、ゆるーく競う、ユニークなスポーツをご紹介します。Vol.1では「100cm走」をご紹介。

運動不足に、気分転換に、ぜひトライしたいのがお庭でみんなとエクササイズ。ゲーム感覚でできる「ゆるスポーツ」をご紹介します。

「ゆるスポーツ」って?
足が遅くても、背が低くても大丈夫。年齢・性別・運動神経に関わらず、 誰もが参加できて、失敗しても笑える、さまざまな楽しみが見つかる新スポーツです。
詳しいルールや他の競技はhttps://yurusports.com/をチェック!

競技1『100cm走』

100cm(1m)をいかに遅く走るかを競う競技。スピードよりも、集中力、体幹、バランスが勝負の要となる、異色の「超・短距離走」。

  • 【人数】2~10名
  • 【用意するもの】床に貼って剥がせるテープなど
ルール

準備

0cmをスタート、100cmをゴールとしてデッキにテープ を貼る。さらに、その間に25cm間隔で3本のテープを貼り、計4ブロックに分ける。

遊び方

  1. 走者は常にゴールを目指して、片足を上げた状態で動く。その際、上げる足は地面に付いている足よりも前に出すこと。
  2. スタートラインを踏んでつま先を合わせ、合図とともに片足を上げてスタートする。
  3. 着地したつま先がゴールラインを越えた時点でゴールとなる。
  4. 上げた片足を下ろす際は、地面に付けている足のつま先にかかとを付けるように着地する。
  5. フリージング(停止)、トリッピング(転倒)、ハンドリング(トラックに手をついてしまう)、ノットストレート(まっすぐに足を出していない)、ダブルフット(足の入れ替え以外で両足をつく)、ムービングバック(後ろに足を振る)などは反則とみなされ、「1ブロックフォワード(1つ先のブロックへ移動)」となる。
  6. ペナルティの際は、再度両足をそろえてのスタート。速やかにスタートしないと、「1モア・ブロックフォワード」となる。

1.スタート!

2.ゆっくりバランスを取りながら進みます

3.ゴール!

いかがでしたか? 次回は「アワアワ!せんたくテニス」をご紹介します。

写真・牧野智晃
監修・一般社団法人世界ゆるスポーツ協会
協力・LIXIL東京エクステリアショールーム

アーカイブ

お庭でゆるスポーツ アーカイブ記事はこちら

エクシオールの
詳しい情報を見る

*LIXILのウェブサイトへ移動します