庭コラム

庭レシピ集

庭に出て、空気を感じながら庭ごはんをいただく。ひと味もふた味も違う、
とびきり美味しい時間が生まれます。庭ごはんのヒントになるような、レシピをご紹介!

おそとでおうちごはん

update

晴れた休日には、庭にテーブルをセットして、おそとでおうちごはんをしたいですね。家族がそろって、空の下で食べれば、いつものメニューもごちそうに。
そんな日にぴったりなレシピを、アウトドア料理研究家の高松 美里さんに教えてもらいました。

教えてくれた人

Profile

アウトドア料理研究家
高松 美里
たかまつ・みさと

アウトドアブランドとコラボした料理企画をはじめ、雑誌や広告のスタイリングなどを手がける。Instagram(@misatotakamatsu)では、子どもと一緒に楽しむ食育アウトドアクッキングや、ホームパーティーのおもてなしスタイリングなども併せて発信。

明るい陽光とやさしい風は、最高の調味料になります

どうしてこんなにおいしいのでしょう。家族がみんなそろっておそとで食べるごはん。キッチンから空の下へ運ばれただけで、いつものメニューがとっておきのごちそうに早変わりします。

それはきっと、降り注ぐ明るい陽ざしが、肌を撫でるやさしい風が、家族の気持ちをのびやかに解き放ってくれるから。季節を告げる花の香りや木々の緑の濃淡が、みんなの五感を呼び醒ましてくれるから。いつもより開放的な場所で、時間を忘れて、ストレスを忘れて、ゆったりと味わう。それだけで、お料理はなんだかとてもおいしくなるのです。

小鳥たちのさえずりや気まぐれに届く葉擦れの音があれば、テレビやBGMはもう要りません。自然と家族の会話も弾みます。子どもたちの勉強のことやお友だちのこと、いまいちばん好きな遊びや将来の夢。パパやママのお仕事のことや家事のこと、まだちいさかった頃の出来事、おじいちゃんやおばあちゃんとの思い出。普段なかなか話せないことも、おおらかな時間の中なら、たくさん語り合って、親子の心の絆も深まります。

大きなテーブルにごはんを準備して、好きなものを取り分けて頂きましょう

レシピ1:ワカモレ

たった4種類の食材でできる、何にでも合う万能ディップ

用意するもの

  • アボカド ……………………1個
  • ライム汁 ……………………半個分
  • 玉ねぎ ……………………1/4個
  • 塩コショウ …………………少々

作り方

  1. アボカドを潰し、刻んだ玉ねぎと混ぜたら、ライム汁、塩コショウで味を調える。
  2. タコスチップスを添えてできあがり。

レシピ2:
フライパンで簡単ローストビーフ

前の晩に下味をつけて寝かせ、あとは焼いておいておくだけ

用意するもの

  • 牛塊肉 ………………………500g
  • 玉ねぎ ……………………半個
  • ニンニク ……………………2片
  • 塩コショウ ………………少々
  • 酒 ……………………………大さじ2〜3
  • 醤油 ………………………大さじ1
  • 酢 ……………………………少々

作り方

  1. 前日、牛肉に塩コショウし、スライスした玉ねぎとニンニクを全体にまぶす。
  2. 1を食品保存袋に入れて下味を染み込ませる。
  3. 焼く当日、肉は1時間前に冷蔵庫から出して、常温に戻す。スキレット(フライパン)に油をひき、片面ずつ焼く。
  4. 全体に焼き色がついたら、アルミホイルに包み、20分くらいおいて肉汁を落ち着かせる。
  5. スキレットに残った肉汁に、下味に使った食品保存袋の中身を全て入れ、弱火にかける。
  6. 酒大さじ2~3、醤油大さじ1を入れ、2分ほど煮る。最後に酢を少々足して、ソースのできあがり。

レシピ3:サンドイッチ

挟むものは出来合いでOK。会話をしながら楽しく調理

用意するもの

  • パン
  • レタスなどリーフ類
  • 卵サラダ
  • チーズ
  • トマト
  • アボカド
  • 市販のミートソース
  • *すべてお好みで

作り方

丸いパンに切れ目を入れ、間にレタスなどの具材を挟む。バゲットは上に彩りや味の組み合わせを考えながら具材を盛り付ける。

一歩そとへ出ただけで、発見と感動のひとときに

ちょっぴりピクニック気分、遠足気分になれる〝おそとでおうちごはん〞。きっと子どもたちの胸もわくわく。普段はなかなかしてくれないお料理やテーブルセッティングも、その日はきっと自分からお手伝い。ママの味を覚えたり、食卓のマナーを学んだり、食文化に触れるきっかけにもなります。

ガーデニングで育てたハーブを摘んだり、きれいに咲いた花をテーブルの上に飾ったり。ママから植物の知識を学べば、食の時間は、土とふれ合い、木々や草花にふれ合うひとときに早変わりです。

おそとだから、少しぐらいの食べこぼしだって、気にしない気にしない。パンくずを小鳥たちがついばみに訪れたり、アリの行列ができたり。パパに野鳥や昆虫のことを教われば、食事をしながら、ちょっとした野外観察も一緒に楽しめます。

そう、食育だけではありません。おそとで楽しむ食事は、いろいろな生命を身近に感じたり、陽ざしや風に季節を感じながら、四季の巡りや自然の営みを全身で学習できる素敵な時間にもなるのです。

わが家の中なのに、日常過ごしている空間のすぐ目の前なのに、一歩そとに出るだけで、そこは、美食の場であり、家族のコミュニケーションの場であり、自然があふれるリゾートの場であり、学びの場。さあ、晴れた休日には、〝おそとでおうちごはん〞。とびきり豊かな時間を、とびきり新しい笑顔を、いただきましょう。

家族みんなでお料理を準備するのもたのしいもの。

晴れた休日には、おそとでおうちごはん。庭に張った ハンモックで、食後はのんびり日差しを浴びましょう。

Norico=写真 宮尾 惇=文

エクシオールの
詳しい情報を見る

*LIXILのウェブサイトへ移動します